アルピナウォーターはどんな味?

水選びに重要な一つの要素は「味」という人もいます。

 

子供のときに山奥にある林間学校にいってそこで飲んだ天然水の味が忘れられないという人もいることでしょう。その時の気分が水をおいしくさせるというのもありますが、確かに自然の天然水には「味」が存在します。

 

ではどうして自然の水には味があるのでしょうか?
それは天然水に含まれているたくさんの成分、マグネシウムやカルシウム、さらには自然の土からにじみ出た微生物なども水の味の一部を形成しています。

 

たしかに昔はいわゆる「味のある水」を飲んでも身体に対する影響を心配する必要なほとんどありませんでした。
汚染が進んでいなかったからです。

 

しかし今は原発事故や大気汚染のこともあり、自然の天然水を直接飲むのはリスクが伴います。

 

日本ではまだまだ自然の天然水を飲むというのに肯定的な響きがありますが、日本以外のすべての国では水は基本汚染されているもの、処理されないと飲めないものという認識があります。
実際には日本人も水に対するそうした緊急感を抱く必要があるのかも知れません。

 

アルピナウォーターの水は味がしないという声がよく聞かれます。
そのとおりで、味がありません。

 

アルピナウォーターも元は天然水なのですが、その天然水にもう一努力を加えてROフィルターという特殊ろ過装置を使い、ほぼ100%のH2Oにしています。

 

簡単に言うと安全を最重視するために、味を捨てたということになります。
安全よりも味重視という方は他社のウォーターサーバーを選んだほうがいいでしょう。

 

私たちのカラダが基本必要なのはH2Oなので、純水を摂取すれば十分ではないでしょうか。
水はあくまでも「水」でいいのです。

 

安全第一、味は塩、醤油などでつければいいという方はアルピナウォーターが最適でしょう。