アルピナウォーターVSクリティアウォーター

アルピナウォーターとクリティアのウォーターサーバーいずれも高い人気を誇っているウォーターサーバーです。
この両社にどんな違いがあり、選ばれているのでしょうか?

 

まずはアルピナウォーターから。
アルピアウォーターのウォーターサーバーが選ばれている理由は何といっても「コストパフォーマンスがいい」ことでしょう。

 

朝のコーヒーに、職場に持っていくペットボトル、夜は煮物と水は一日たくさん使うものです。
ほかにも子供もおじいちゃんもたくさんいる大家族の場合はウォーターサーバーから直接水を飲む機会も多いことでしょう。
水は生活に密着している分、安全かつ安いがいいのです。
ジュースのような値段がしていたら使いようにも使えません。

 

アルピナウォーターは大量輸送できる専門ボトルを再利用する水運送システムの確立したことによって、「安全かつ安い」を実現しているのです。
12L当たり1000円を切る995円という低価格はまさに企業努力のたまものです。

 

さらに比較的「飲みやすい」というのもアルピナウォーターの特徴です。
純度が99.9パーセントという超軟水アルピナウォーターは、軟水が大好きな日本人の口に合うようです。

 

次にクリティアのウォーターサーバーの特徴です。

 

ウォーターサーバーがおしゃれでかっこいいというのがクリティアの特徴でしょう。
なんと有名なデザインメーカー「AMADANA」と提携したハイセンスなウォーターサーバーを選ぶこともできます。
さらにウォーターサーバーに内部を加熱殺菌するクリーンシステム搭載しているのも特徴ですし、富士山のバナジウム天然水を使用し、専用の使い捨てパックを使用しているので、ごみ捨ても簡単という特徴もあります。

 

しかし上記の数多くの便利さと快適さを実現している分クリティアのコストパフォーマンスは圧倒的に劣ります。
ざっとアルピナウォーターの2倍も値段がしてしまいます。