アトピー対策のキーポイントは水選び

アトピーの原因は現代医学でだんだんと解明されてきています。
その大きな原因の一つは水の選択だといわれています。

 

はっきり分かっている点はお母さんがお腹に赤ちゃんがいるときにジュースばかり飲んでいるとお子さんはアトピー体質になりやすいという点です。

 

お母さんの大人の身体はジュースを分解できるのですが、胎児はそのまま影響を受けてしまうのです。
ですから特に妊娠中、またはお子さんが生まれてからある程度大きくなるまでは水に特に注意を払わないと、お子さんがアトピー体質になったりより悪化したりしてしまいます。

 

では水道水を飲むのはどうでしょうか?
水道水はジュースよりは良いのですが、水道水とアトピーの関係も確認されています。

 

水道水には大腸菌などを死滅させるために大量の塩素が入れられているのですが、この塩素を身体に直接取り入れるのことによってアトピーのリスクが生まれます。
塩素を強く含む水道水を飲むと胃や腸のバリア機能が低下し、分解されてないタンパク質が体内に入り込みやすくなります。
それがアトピーを誘発するというわけです。

 

アトピー対策に水が重要な別の理由として血液の流れも挙げられます。
アトピーは血液の流れの悪さが皮膚に出てしまう結果とも言われているからです。

 

血液の主要成分は水ですので水を替えればアトピーが治ることがあるようです。

 

しかしどの水でもいいというわけではありません。

 

現代の天然水をそのまま飲むのはリスクがあります。
昭和のよき時代とは違って今の自然の水は化学異物が溶け込んでいるかもしれません。
かといって水道水をろ過しても上記の問題を完全にぬぐえるわけではありません。

 

人間に必要なのは純水H2Oです。

 

水道水よりもピュアな天然水をさらにろ過して純水となったアルピナウォーターのような水こそがアトピー体質のお子さん、または妊娠中の女性が飲むのに適した水でしょう。